aboutErhu

about Erhu

二胡(ニコ)について

 

音楽園オンラインショップ

erhu_hero

二胡(にこ/erhu)とは、中国の伝統楽器の名称です。
「胡」という文字は、中国では「北方の異民族」または「西方の異民族」の意味合いを持つ言葉です。

「二胡」は中国発祥の楽器ではなく、シルクロードを通って伝来した楽器であろうというのが現在有力な説です。(日本の伝統的な擦弦楽器に二胡とよく似た「胡弓」という楽器がありますが、弓を回転させずに楽器本体の角度を変えて移弦する奏法や形態などからまったく別の楽器であることが分かります。)

「中国のバイオリン」とも呼ばれる二胡ですが、同じ弦楽器でもバイオリンは、弓と本体が別になっているのに対し、二胡は二本の弦の間に弓が挟まっているのが特徴で、バイオリンは弓の片面しか使用しないのに対し、二胡は弓の表、裏面とも使用します。

erhu_check_chenmin
また、最近では日本でも二胡を扱っている楽器店が徐々に増えてきている様ですが、胴の部分にはニシキヘビの皮が張られているため、ワシントン条約のもとでは、他の楽器に比べて輸入されにくいのが現状です。
音色はバイオリンをよりマイルドにしたような印象を受け、独特のヴィブラート、ポルタメント奏法によりオリエンタルな印象を醸し出します。
また古典楽曲ではペンタトニック音階(ド・レ・ミ・ソ・ラ)を多用した曲も多く、日本人には受け入れやすいメロディだと言えます。

通常二胡は座って弾きますが、立って弾くことも可能です。(チェンミンは立ち演奏時には特製のベルトを着用しています。)昔の中国の大道芸人は二胡を立って弾いていたそうです。

中国の伝統楽器ではありますが、最近では二胡を使って新たな試みが様々な演奏家によって行われており、それは見る側にとって大きな衝撃を与えられています。ある時はジャズとのセッションであったり、ロックとの融合、一皮むけた質の高いニューエイジ、または映画音楽のリード楽器であったりします。まだまだ可能性を秘めた「二胡」の世界、チェンミンも日々二胡の未来を見つめ、新たな挑戦を見せてくれています。

ページトップへ

 


京胡
京胡

京劇の主要な伴奏楽器。棹や共鳴筒は全て竹でできています。共鳴板には青蛇の皮が張ってあり、千斤は金属でできています。二胡は、左足のつけね、下腹部に当てて演奏するのに対して、京胡は左膝の上に置いて演奏します。小さい上に軽いので、コントロールするのがとても難しい楽器です。甲高く済んだ音色は遠くまで響きます。

板胡
板胡

北方の戯曲、曲芸の主要な伴奏楽器。共鳴筒部分は椰子の殻、または木でできており、その上に薄い桐の板をかぶせています。
土台は紅木、鳥木などの堅木で作られています。弓は太く、音質は甲高く明瞭です。ソロ楽器としても幅広く使われるようになってきました。力強いイメージばかりでなく、繊細で表現豊かな音を出せる点が大きな魅力です。

 

龍頭胡
龍頭胡

音色は二胡と同じですが、棹の頭部のデザインが龍の形に細かく細工をされています。この胡琴は、中国的美意識の象徴でもあります。

中胡
中胡

中音域の二胡の略称。1940年代に二胡を基礎に作られました。共鳴筒は二胡より大きく、棹は長く、弓も少し長めですが、演奏方法はほとんど二胡と同じです。主に伴奏や合奏用ですが、独奏楽器としても使われます。
重厚感のある音色は、大草原をテーマにした曲や馬頭琴のイメージで使われることが多いです。
この楽器の棹には、ダイヤモンドのような輝きをもつ紅い石が埋められており、近年の中国楽器の製作のこだわりが感じられます。

 

越胡
越胡

越劇の主要な伴奏楽器。音色は二胡よりも甲高く、共鳴筒はやや小さめです。二胡の中でも越胡は、特に個性的な音色を持つ楽器です。

高胡
高胡

高音域の二胡のことで、広東音楽の特徴的な楽器のひとつ。演奏する時に、共鳴筒を両足に挟んで音量をコントロールすることで雑音を減らし、しなやかな音色にします。広東音楽で、独奏または主要楽器として使われており、民族楽器オーケストラでは高音域弦楽器として多く用いられます。

 

二胡
二胡(チェンミンオリジナル)

黒檀や紫檀などで作られ、胴の部分にはニシキヘビの皮が張られています。弦は二本、その弦と弦の間に弓が挟まっているのが特徴で、弓の表裏面とも使用して演奏します。二胡の音色は非常に優雅で美しく、表現力豊かで、人の声に似ているといわれています。最近では、日本でも広く知られるようになりました。
共鳴筒の下の土台はチェンミンの父、陳龍章と共同開発したもので、立ち演奏が出来るように、そして、音の響きが良くなるように考慮し作ったオリジナル二胡です。

低胡
低胡

低音二胡の略称。民族音楽やアンサンブルの中でも欠かせない擦弦楽器です。作りや素材は二胡とほぼ同じで、音色は中胡に近いです。二胡の代表曲「二泉映月」を演奏する楽器として 別名「二泉琴」とも呼ばれています。

 

 

ページトップへ